このページの先頭です
ここから本文です

富田林寺内町(府内唯一の重要伝統的建造物群保存地区)

  • とんだ
  • facebookでシェア

38

とんだ!ボタンとは

画像
画像
画像
画像 画像 画像

Myとんだリストに追加

富田林寺内町は、大阪府内で唯一の国指定の重要伝統的建造物群保存地区に指定されています。

寺内町とは真宗寺院を中核に、掘りや土塁で防御した町をいいます。
富田林寺内町は室町時代末の永禄初年頃(1558〜1569年)、京都興正寺16世証秀上人が「富田の荒芝地」を銭百貫文で入手し、近在4ヶ村の庄屋株各2人、計8人に御堂の建立と畑屋敷、町割りなどの建設を要請したのが始まりです。
江戸時代に入ると宗教色は薄れ、周辺の農村と経済関係を持ち、農産物の集散と商業活動による在郷町(商業の町)として発展しました。

現在も優れた意匠の町家や寺院が軒を連ね、平成9年に「国の重要伝統的建造物群保存地区」に選定されました。
近年では、古民家を活かした飲食店や雑貨店、アートなども増え、外国人や若者もたくさん訪れるようになりました。
「本当にタイムスリップしたみたい!」という声が多々出るほど、現地の空間は趣があります。
アクセス近鉄長野線富田林駅から徒歩5分
見学所要時間2時間から3時間程度

Google Mapで見る

その他のおすすめ見どころ

とんだ!ボタンとは

サイト内に散りばめられたスポットの写真を見て「あっ!行ってみたい!」「この場所好き!」など、心が弾んだ=「跳んだ(とんだ)」瞬間に押していただくボタンです。魅力的だと感じたスポットにあなたの「とんだ!」をどんどんつけていきましょう!「とんだ!ボタン」のカウントに応じてランキングが表示されるので、注目度の高い観光地も一目でわかります。

閉じる