このページの先頭です
ここから本文です

旧田中家住宅

  • とんだ
  • facebookでシェア

24

とんだ!ボタンとは

sliderImage
sliderImage
sliderImage
listImage listImage listImage

Myとんだリストに追加

田中家は、江戸後期に当地に移ったと伝えられています。
幕末・明治期には財産家のひとつ(明治44年[大阪府河内和泉資産家一覧])に数えられる名家で、平成16年に旧所有者より富田林市に公共的な活用を目的に寄付されたものです。
 
主屋・乾蔵・巽蔵など主要な部分は明治25年に建築されたものです。
他に複数の付属屋が建ち並び、邸宅風の近代和風住宅としての特徴がありました。
しかし、痛みが著しかったため、主屋・乾蔵を中心に整備を行い、明治期民家の特色を留めた歴史的建築遺構として保存伝承しました。
そして、平成25年には国登録有形文化財に指定されています。

広く市民の文化的活動の場として利用しています。
見学のみであれば、利用者がいなければ無料でできます。
アクセス近鉄長野線富田林駅より徒歩約5分
見学所要時間30分程度

Google Mapで見る

その他のおすすめ見どころ

とんだ!ボタンとは

サイト内に散りばめられたスポットの写真を見て「あっ!行ってみたい!」「この場所好き!」など、心が弾んだ=「跳んだ(とんだ)」瞬間に押していただくボタンです。魅力的だと感じたスポットにあなたの「とんだ!」をどんどんつけていきましょう!「とんだ!ボタン」のカウントに応じてランキングが表示されるので、注目度の高い観光地も一目でわかります。

閉じる